マンションの犬の正しいしつけ方法

マンションで飼いはじめたトイプードルが無駄吠えで近所迷惑に

↓↓↓マンションの犬の無駄吠えの騒音問題を解決↓↓↓

DVD

 

私は、犬が大好きで、ずっと犬が飼いたかったのですが、今まで住んでいたマンションは、ペット不可のマンションだったので、ずっと飼えずににいました。しかし、やっと念願のペットを飼える中古マンションを購入し、さっそく生後4か月のトイプードルを飼いはじめたのです。とてもかわいらしくて、人なつっこい子犬でしたが、一つだけ問題があったのです。それは夜になってケージの中で一人になると「クンクン」鳴き出すのです。

 

子犬のうちは、人恋しくて多少は鳴くけど、そのうち治まるだろうと思っていたのですが、甘い考えでした。治まるどころか、成長するとともに、さらに鳴き声もエスカレートしていき、ついに「ワンワン」吠えるようになり無駄吠えのレベルにまでなってしまったのです。

 

近所迷惑になっているようで、マンション中で噂されているようでした。ついに管理人から注意され、「犬の無駄吠えが止まらないのなら、申し訳ないけどマンションを出ていくか、犬を処分するか決めてほしい」と言われたのです。

 

何とか愛犬の無駄吠えを改善するために、図書館で本を借りたり、アマゾンや楽天などで犬のしつけの本を購入したりしましたが、ほとんど効果がありませんでした。

 

そんな時、愛犬家の知人から教えてもらったのが、日本一のカリスマ訓練士藤井聡さんの犬のしつけDVDだったのです。

素人でも簡単にできる犬のしつけのDVD

DVD

愛犬をしつけて良い事、悪い事を毎日教えることができるのは、

飼い主のあなただけです。

 

習慣的に正しいしつけ方法を継続すれば、問題犬も改善され、
お利口さんに生まれ変わります。

 

犬をしつけるのなら、できるだけ早い時期に開始したほうが良い
ということはご存じかと思います。

 

すでに、愛犬を飼われている方は、
今すぐにでも正しい犬のしつけを開始しましょう。
正しい犬のしつけ方は、こちらです。

★カリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVDはここをクリック★

 

日本一のカリスマ訓練士藤井聡さんは、50年以上、
犬と一緒に学び、一緒に育ってきました。

 

藤井さんは1000頭以上の犬のしつけを手がけ、
数多くの犬に関する著書も出版しています。

 

NHKEテレビの『趣味悠々』やTBSテレビの『動物奇想天外』など
数多くのテレビ番組にも犬のしつけの第一人者として出演しています。

 

その藤井さんが素人の私達でも分かりやすい
犬のしつけのDVDをネット限定で公開しています。

 

↓↓↓DVDでプロの犬のしつけ方法をマスター↓↓↓

DVD

マンションでの犬のストレス

アパートやマンションなどの集合住宅は、閉鎖された生活空間のため犬にとっては大きなストレスとなります。特に高層マンションの最上階などは、普通の犬が暮らすのとは異なる環境なので、そのストレスも大きなものとなってくるのです。いま日本では犬を飼うことが大ブームとなっているため、マンションなどでもトイプードルやチワワ、ポメラニアンなどの小型犬を飼う人が増えてきています。

 

小型犬は、部屋の中を走り回るだけでも、十分な運動量をこなすことができますが、それでも犬は屋外の地面を走り回ることで、ストレス発散しているので、たとえ15分程度の短時間でも、屋外を散歩させることは、大切なのです。高層マンションと言った、特殊な空間の上に散歩もたまにしか連れて行ってもらえないようでは、ますますストレスはたまる一方です。

 

そのストレスの反動から、やたら無駄吠えをする犬が多くなってきています。小型犬のチワワやミニチュアダックスフントでも、鳴き声はかなりの大きな音量があります。また、「うちの犬はおとなしいから大丈夫」と思っていても、実は、家族が出かけて留守の間中吠え続けていて、隣近所で騒音問題となっていることもあるのです。

 

犬のストレスは無駄吠えの問題だけではありません。噛み癖や食糞などもストレスが原因であることが多いのです。そんな愛犬の問題を解決するためには、散歩などで愛犬のストレス発散をしてあげるのと同時に、しつけを根本から見直す必要があります。

犬のしつけの重要性

ラブラドール

犬を初めて飼う人が一番に悩むことは犬のしつけでしょう。犬のしつけと一口で言ってもトイレのしつけや食事のしつけ、散歩に無駄吠え防止や噛み癖防止など、とてもたくさんのしつけがあるのでどこから手を付けたらいいのか途方に暮れてしまうことでしょう。昔は犬を飼うと言ったら、知り合いからもらって来たり、子供がどこかで拾って来たりした犬で、屋外で鎖につないで飼うことが多かったので、しつけなども結構いい加減なものでした。しかし、最近の犬はペットショップで何十万円もするようなトイプードルだったりフレンチブルドッグだったりするし、室内で家族と一緒に過ごすケースが多いので、しっかりしたしつけを行う必要があるのです。

 

犬のしつけの基本となるのは、トイレのしつけです。いろいろなしつけが必要ですが、まずはトイレのしつけから集中的に行って、犬と飼い主との信頼関係を築くようにするといいでしょう。犬のトイレをしつける前にまず大切なのは、トイレの場所です。犬が落ち着いてトイレをできるように、普段あまり人が出入りしない浴室や洗面所などがトイレの場所に適しています。そして、トイレの場所を決めたら、よほどのことがない限り途中で変更してはいけません。せっかく愛犬がトイレを覚え始めても、途中で変更してしまっては、混乱して、なかなかトイレを覚えることができなくなってしまいます。

 

トイレを決めたらペット用のトイレシートを敷きます。最初のうちは、犬がトイレに行きたくてそわそわしたそぶりを見せたら、抱きかかえてトイレまで連れて行ってあげましょう。犬がトイレをできたら大げさなくらいほめてあげます。これを毎日繰り返していれば、やがてトイレを覚えてくれるようになります。もし、犬がトイレを失敗して違う場所でしてしまったら、その場所に鼻を無理やりくっつけて、言葉できつく叱るようにしましょう。そして、しっかりとその場所を掃除しましょう。においが残っていると、犬の習性で次もまたその場所でトイレをしてしまうことが多いからです。

 

トイレのしつけが成功すれば、他のしつけもスムーズにできるようになります。犬は人間でいえば5歳児ぐらいの知能を持っているのです。ひとたび飼主のしつけを理解すれば、他の散歩や食事などのしつけは、それほど苦労しなくても割とスムーズに覚えてくれるものです。しつけのコツは、犬と飼い主との信頼関係にかかっています。そのためには叱ることは極力避けて、褒めてしつけるように頑張ってください。

 

正しい犬のしつけ方は、こちらです。

★カリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVDはここをクリック★

人間と犬の歴史について

日本でもペットブームとなって、猫や小動物などいろいろなペットが飼われるようになってきました。ペットと言っても数多くの種類がありますが、中でも犬は大人気です。マンションなどの室内で飼いやすいチワワやトイプードルから、大切な友人ともいえるようなゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバのような大型犬まで、多くの犬が人の癒しや親友、家族として活躍しています。

 

そんな犬と人間の関係の始まりは、今から1万年以上も昔から始まりました。当時の犬は、ジャッカルや狼のように群れを作って集団で行動し、獲物を仲間で協力して狩って食べていたのです。野生の犬には鋭いきゅう覚と縄張りを守るという警戒心がありました。また、集団で行動数彼らには、仲間をまとめるリーダーが必要です。エサや命令を与えてくれるリーダーには忠実に服従するといった性格がありました。

 

この犬の性格と人間の利害関係が一致して、やがて人間がえさで野生の犬を手なずけて、徐々に人間と犬の関係が深まっていったのです。最初は、自然の外敵から身を守るための番犬的な役割だけだった犬でしたが、やがて狩猟における猟犬の役割も果たすようになり、人間と犬の関係はさらに深まっていきました。

 

そして人間と犬との関係は途切れることなく続き、今では人間にとって犬はなくてはならない存在となっているのです。番犬や猟犬と言った人間のために働く犬は、今では、警察犬や盲導犬、介護権など実社会でも重要な役割を担っています。さらにペットとしても人の生活と深くかかわるようになってきて、今では家族の一員のような存在となっているのです。

 

しかし、その一方で犬による深刻な社会もんだも多くなってきています。ブームに乗って何も考えずに犬を飼い始めて、マンションなどで犬の無駄吠えの苦情が来て世話をしきれなくなって、無責任に手放す人や、ペットブームのビジネスのために多くの犬を飼いながらも、事業に失敗して何十匹もの犬を放置してしまう人などです。またペットとの生活の依存度が大きくなりすぎて、ペットが死んだ後にペットレス症候群に陥って、生きる希望を失ってしまう人も問題になっています

 

犬と人間のかかわりが深くなってきた今、人間と犬との関係を真剣に考えて行動する必要があると思います。